Open The Door

【本当に困った時に誰かに助けてもらった時『感謝』が生まれる】

Pocket

私は今まで何度も何度も

見ず知らずの他人にお世話になったことがある

ここ日本ではそういったことがあまり経験できないかもしれない

なぜなら毎日を何不自由なく生活できるから

 

海外だと一つ一つの事が

『当たり前』のようにうまくいかない時が多々ある(T_T)/~~~

 

日本だったら絶対にありえない!

ということがある

 

そんな時日本の良さを痛感するけど・・・

でも逆に海外の人の温かさにも十分に触れることができた

 

例えば・・・

オーストラリアでの出来事

タスマニアという小さい島に行ったとき・・・

自然豊かな島

周りは緑がたくさんある森が多い

島なので海に囲まれていて

のどかな島

 

タスマニアのLune River から Devonport に行くとき

持ってるお金が2ドルしかなくて・・・

この時お世話になったアンとショーンにも感謝だったけど・・・

(↑ 彼らたちのことはもし機会があったら記事を書こうと思う)

 

何しろ2ドルしか持ってなくてバスに乗ろうと思うのが

そもそもの間違い(^_^;)

 

それでも分かってたけどバスに乗ってた

でもバスの運転手さんは断固として

私を乗せてはくれない

『バスが町に行ったら銀行へ行ってお金を払えるから』

と何度訴え説明してもダメ

私と運転手さんとのやり取りを聞いてる

他のバスの乗客もみんな見てみぬふり・・・

私も『お金かして』とは言えない

 

何もできない私は仕方なくバスを降りた

運転手さんも申し訳なさそうな表情だった

 

バスをとりあえず降りたものの

 

そこにはまるで

 

なーーーーーんにもない

 

ただ一本の道があるだけ・・・

まっすぐな道

どんなに周りを見ても

人も歩いていない

建物も見えない

相当田舎に来てしまった

 

田舎なのはとっくに分かってた

だけどやっぱり何もなかった

 

一人何もないところに残された私は一人で泣いた

道の真ん中で泣いた

思いっきり泣いた

ずっとずっと泣いた

30分は泣いたと思う

あるとき何か気がついた

私がいくら泣いたところで

こんな田舎じゃ誰も助けに来てくれない

ということが

 

このままだとこんな何もないところで

無防備にも野宿することになる

慌てて気持ちを切り替えてたら

無意識のうちに

背筋をまっすぐにしてシャンと立って

ただまっすぐ前だけをみて歩いていた

もう涙なんて出てなかった

 

それから数時間歩いた

何もないところを歩いた

ひたすら歩いた

どっちに歩いたらいいのかは分からないけど

とりあえずバスが行った方向だけは覚えていた

 

しばらく歩いたら

ある小さいお店が見えた

『助かった!!』と思った

そこで段ボールの切れ端とペンを借りて

私の行き先を書いた

 

そしてそのお店の人に道を聞いて

 

私の人生初の【ヒッチハイク】が始まった

以前誰かが言ってたのを思い出した

『男の人はダメ』

『トラックの人はダメ』って

 

なので優しそうな女の人だけ合図した

一台40~50代の女の人が近づいて

私を乗せてくれた

 

車に乗せてもらってる間ずっと叱られてた

『ヒッチハイクは絶対しないで!!』ってずっとずっと言われてた

 

本当にこの女の人に会ってなければ

今の私はいなかっただろう

どうなってたのか・・・

 

バスに降ろされた時

泣いてばかりで何もしなかったらその後どうなってただろう・・・

 

と思うと最後は自分で行動するしかない!!

という結論になった

 

私の場合なぜかこんなトラブルが多く

その度に助けてもらった人たちに

その場では何もお礼ができない

でも・・・

でも・・・

『必ずこの恩は誰か違う困ってる人に返す!!』

と分かれる時毎回心で泣きながら誓う!!

こんな思いが一度や二度ではない

だから私は困ってる人を見ると

助けてあげずにいはいられない!!

 

Pocket

angelic-l

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です