Open The Door

【英語教室 クリスマス会を終えて】

Pocket

昨日英語教室のクリスマス会が無事終わりました。

本番までは詳しい事は言えないのでずっと我慢してました(^^)

例年にはない

お店の方に突然サンタさんから手紙を預かった設定で

登場してもらったり

ゲームの中でさり気なく保護者の方々にもプレゼントを用意したり

リハーサルまではなかったことが突然サプライズで用意していた

プレゼントのお菓子とか

私なりにいくつかサプライズを用意させていただきました(≧▽≦)

サプライズって考えてるときが一番楽しい~♪♪

 

終わったあと、数人の保護者の方々から

『発音が良かった』『去年より上達している』『みんな上手にできた』

等ご感想を頂きました

お店の方からも『活発な生徒さんが多い』『英語がみんな上手』

と言われました(❁´ω`❁)

本当に素晴らしいと思います!

 

今年のクリスマス会の劇は『フルハウス』のクリスマスの様子のドラマにしました。

このドラマの中では一般のごちそうやプレゼントといった

楽しいだけのクリスマスではなく

『みんなが楽しんでいるこのクリスマスの時期でも

プレゼントももらえない、食べ物や家もない』

というホームレスの人達を助ける、という内容です。

私も実際サンフランシスコのホームレスの場所に

何日か行った事があるので

今回のドラマは個人的にもリアルな感じで伝わって来ました

困っている人を助ける

というのは実は助ける側が嬉しくなったり満足したり

何しろ『いい事をして気持ちいい!』と思うのだと思います

私はクリスマスの時期にボランティアや

人助けを勧めているわけではありません

せっかくのクリスマスなので楽しんでほしいです!

でも、それだけではなく、どこかで

『食べ物も家もなく困ってる人がいる』

という意識を持ってもらいたいのです

そしてできたら自分のできる事をしていただければ更に嬉しいです!

プレゼントやごちそう食べる喜び以外にも

誰かに何かしてあげる『与える』喜びも大きいと思います

どうぞ家族で何かできる事を話合ってみてもいいかもしれませんね

 

Pocket

angelic-l

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です